日枝神社・富山 山王さん - 日々のお参りについて

H27.10拝殿①.jpg

トップ > ご参拝・ご祈祷 > 日々のお参りについて

pray_bnr_10.png

daily_omairi_1.jpg神棚をお祀りする場所神棚は家庭生活の中心です。家の明るく清浄なところに南向きか東向きに設けます。
私たちが家を建てるときには、その土地の中で一番よい向き・間取を考えますが、神さまのお住まいである神棚も同様に、その家の中で一番良いところにお祀りします。
はじめて神棚を設ける場合は、氏神さまにお願いして清祓をしてもらいましょう。


pray_bnr_11.png


daily_omairi_2.jpg三社造りの場合は、中央に神宮大麻を、向かって右に氏神さまのお神札を、向かって左に崇拝する神社のお神札をおまつりします。一社造りの場合は、重ねておまつりします。


pray_bnr_13.png

daily_omairi_3.jpg注連縄は、神聖な場所であることを示すものです。ふつうは太い方を神棚に向かって右になるように取り付け、四垂れの紙垂を等間隔にはさみこみます。紙垂が切れたり汚れた場合は半紙で新しいものを作ってとりかえましょう。

pray_bnr_12.png

daily_omairi_5.jpg毎日、朝食前に手を洗い、口を漱ぎ身を清めてから神棚にお供えもの(神饌)をします。毎日お供えするものは、米・塩・水です。神棚からお下げした神饌は、神さまの御霊がこもっているので、家族でいただきましょう。初ものやいただき物などがあった場合も同様に、まず神さまにお供えします。また、神前には神の宿るき、栄える木という意味をもつお榊を立てておきます。


pray_bnr_14.png

howto_sanpai_3.jpg神社にお参りする時と同じ、二拝二拍手一拝の作法でお参りします。


pray_bnr_15.png

daily_omairi_4.psd一年間、お守りいただいた古いお札は、粗末にならないよう神社へ納めるようにします。神社には古札納所が設けてあります。
 また、氏神様以外の神社から受けてきたお札は感謝の気持ちをこめて、その神社にお納めできればよいのですが、頂いてきた神社が遠隔の地であるなど、やむをえない事情がある場合には、氏神様にお納めください。
 神社では、集められたこれらの古いお札をお祓いして浄らかな火でお焚き上げします。


bar_r.gif