日枝神社・富山 山王さん - 神社の参拝方法

H27.10拝殿①.jpg

トップ > ご参拝・ご祈祷 > 神社の参拝方法

参拝の心得bar_r.gif

一、
神社の入り口、又は鳥居の所で会釈をしてから境内に入り、参道の中心を避けて進みます。

一、
心身を清めてから参拝します。

一、
参拝時には不敬に当たらない服装を心掛けましょう。

一、
お賽銭は報恩感謝の真心を表すものです。

一、
神社は神聖な所です。くわえたばこや、無駄口はしないこと。


手水(てみず)の作法bar_r.gif

神社にお参りする際はまず、手水舎(てみずしゃ)で手と口をすすぎます。昔から清らかな水は穢(けがれ)を流すとされ、手水は禊(みそぎ)を略式化したものといえます。

一、
はじめに左手を清めます。
howto_temizu_1.jpg

二、
次に右手を清めます。
howto_temizu_2.jpg

三、
左手に水を受け、口をすすぎます。
howto_temizu_3.jpg

四、
再び左手を清めます。
howto_temizu_4.jpg

五、
柄杓(ひしゃく)を縦に持ち、残った水で柄(え)を洗い流します。
howto_temizu_5.jpg

二拝二拍手一拝(にはいにはくしゅいっぱい)の作法bar_r.gif

神社でも、家庭でも、神さまにお参りする際は、二拝二拍手一拝の作法で行います。
特に家庭では、毎日欠かさず、家族そろってお参りしたいものです。

howto_sanpai_2.jpg

一、
姿勢を正してから腰を90度に曲げ、二拝をします。

二、
胸の前で両手を合わせ、右手指先を少し下げ、二回手を打ちます。

三、
もう一度拝をします。

玉串拝礼(たまぐしはいれい)の作法bar_r.gif

玉串とは、冬でも青々とした葉が茂り、神さまが宿るとされる榊(さかき)の枝に、白い紙「紙垂(しで)」を結び付けたものをいいます。榊には、「栄える木」、神社を神聖な場所として「境とする木」の意味もあります。地域によっては樫(かし)、松、杉、樅(もみ)などの常緑樹を用いる場合もあります。

一、
玉串を受け取り、玉串の先を時計回りに90度回します。
howto_tama_1.jpg

二、
左手を下げて根元を持ちます。
howto_tama_2.jpg

三、
玉串をさらに時計回りに回し、根元を神前に向けます。
howto_tama_3.jpg

四、
やや進んで、玉串を案(机)の上に置きます。
howto_tama_4.jpg

五、
やや下がり、二拝二拍手一拝をしてお参りします。
howto_tama_5.jpg


bar_r.gif