日枝神社・富山 山王さん - 人生儀礼について

H27.10拝殿①.jpg

トップ > ご参拝・ご祈祷 > 人生儀礼について

人生儀礼とは?
私たちの長い人生において、その節目節目に行われる神事やお祓いなどを総じて「人生儀礼」といいます。生まれる前の安産祈願から還暦や長寿の祝いなど、たくさんの人生儀礼が「幸せであるように 健康であるように」と深い愛情と切なる願いを込めて、遠い昔より連綿と行われてきました。ここではこの人生のまつり「人生儀礼」についてお話致します。

pray_bnr_20.png

妊婦が腹帯をしめるお祝いです

girei_6.jpg
妊娠五ヶ月目の戌の日に氏神神社で安産を祈願し、
お祓いを受けた腹帯を締めます。
犬が安産で子だくさんという事にあやかり戌の日に
は多くの安産祈願のお参りがあります。

pray_bnr_21.png

無事出産したことをお祝いします

girei_2.jpg男の子は生後三十一日以降、女の子三十三日以降に
生まれて初めて地元の神社(氏神神社)に無事誕生し
た事を報告すると共に健やかな成長を祈ります。
一般的に父親のお母さんが赤ちゃんを抱いて付き添
います。

pray_bnr_22.png

数え歳の三歳、五歳、七歳のお子様のお祝いです

girei_1.jpg十一月十五日、男女三歳「髪置きの祝い」、
男五歳「袴着の祝い」、女七歳「帯解きの祝い」
を祝います。
数え年で行うのが一般的ですが、お子様の成長に
より満年齢でされる場合もあります。

※地域により祝う年齢が異なる場合があります。

pray_bnr_23.png

青年のおまつり

昔の貴族や武家では男子十二歳から十六歳位で成人
した事を示す「元服式」を行い、儀式や公の場で冠
の着用を許されました。
女の子は十三歳くらいで垂らしていた髪を結いあげる
「髪上げ」を行いました。

pray_bnr_24.png

青年のおまつり

girei_5.jpg毎年一月十五日前後の成人の日に、氏神神社へ成人
を遂げたことを感謝するとともに大人として責任を
自覚し、幼心と決別をして一層のご加護を祈ります。

pray_bnr_25.png

わざわいが多いので気をつける年齢

girei_8.jpg男性は二十五歳、四十二歳、六十一歳。
女性は十八歳、三十三歳、三十七歳。
厄年は「わざわいが多いので気をつける年齢」と言
われ中国より伝わり平安時代以降に広まりました。
男女で厄年は違います。現代の平均寿命を生きると
すれば人生でそれぞれ三回の厄年が訪れます。
これらの厄年は、体調や社会的な立場の変化などが
起こりやすい年とも言われ、厄年に入る元旦から節
分の頃までに神社でお祓いを受けます。災いをもた
らす「厄」年中は、その年齢での「役」割りを果た
す事、そして一層世の中の「役」に立つ事を心掛け
て日々を送りましょう。

h29yaku-miiwai.pdf

pray_bnr_29.png

両親や祖父母をはじめ家族が長寿である事ほどおめでたいことはありません。
子から親へ感謝と一層の健康を願い、一家そろって長寿の祝いを致します。

喜寿 きじゅ(七十七歳)  傘寿 さんじゅ(八十歳)  半寿 はんじゅ(八十一歳)
米寿 べいじゅ(八十八歳)  卒寿 そつじゅ(九十歳)  白寿 はくじゅ(九十九歳)
上寿 じょうじゅ(百歳)  茶寿 ちゃじゅ(百八歳)  皇寿 こうじゅ(百十一歳)など

pray_bnr_26.png

ひとめぐりした事をお祝いします

girei_7.jpg還暦の「還」はひとめぐりすることを意味する漢字で
生まれた年の干支に戻る六十一年目を祝います。
生まれ年に戻るところから赤ちゃんにかえるとして赤い
ちゃんちゃんこが贈られるようになったようです。

pray_bnr_28.png

中国詩人杜甫の「人生七十歳古来稀なり」から七十歳の祝いを言うようになりました。

pray_bnr_27.png

我が国伝統の年齢の数え方です。
生まれた時点で一歳とし、以降元旦を迎えるたびに一つ年をとります。
人生儀礼ではこの古来からの数え年で行います。

・数え年への換算法
 元旦から誕生日前日までの満年齢+2=数え年
 誕生日から大晦日までの満年齢+1=数え年


bar_r.gif

side_bnr_5.jpgside_bnr_5.jpg